人が神秘的になる意味づけの瞬間

4BA32450-26CF-4C4B-B981-C17269467CC8

ほとんどの占いは自然哲学であって統計学ではありませんが、

一般的には、手相・人相・数秘術は統計的な傾向があるように言われています。

 

本来占いには明確な根拠や裏づけはなく、学問として、自然や時間との関係から、

古くから意味づけられて使われており、結果的には、当たっていることも多く、

当たっているか当たっていないかで統計をとったとしたら、統計的な要素を

見出せなくもないといったところです。

 

また、当たっているか当たってないかを自分自身で判断する場合と、

他者が判断する場合とでは、統計結果も違ってくることでしょう。

 

ですから、たまたま目にした占い結果があなたにとって当たっていないと

思ったのであれば、それ以上気にしなければ、当たることもないのです。

 

占いは、当たると直感したものに、良い縁起が込められていれば、

活用したら良いのです。

 

占いがあなたの人生を決めるわけではありません。

 

ただし、あなたの中の直感が占いの導きに反応して信じたのであれば、信じていて良いのです。

 

占い=スピリチュアルではないけれども、

人の直感(スピリチュアル)で選んだものが占いだったとしたら、

その占いは、“スピリチュアルなもの”になります。

 

人がそう定義づけして始めて、意味づけされるものですので、

活用するなら、自由に直感で選んだものがいいです。

 

“宇宙の神秘からもたらされたもの”と、私自身が直感したもので、

その占術の個性に当てはまった生き方をされていらっしゃる方が、

とても幸せな方が多かったので、私はマヤ暦を活用していきます。

 

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう